【初心者OK】中古ドメインの相場について解説します【完全理解】

スポンサーリンク
キャリア


中古ドメインが気になる人
「アフィリエイトで沢山稼ぐには中古ドメインが必須らしいなぁ。でも、どこで買えばいいんだろう・・・。ネットで検索しても、知らない言葉が出てきて結局よくわからない。中古ドメインの相場について教えてください。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

1.中古ドメインの相場について解説します
2.中古ドメインの価格は何で決まるのか
3.中古ドメインを自分で取得しない方がいい理由
4.中古ドメインはどこで買うのがおすすめか

 

 

順に解説します。

 

 

スポンサーリンク

1.中古ドメインの相場について解説します

 

今回は「中古ドメインの相場」について、具体的な数値をもとに解説します。

 

 

2.中古ドメインの価格は何で決まるのか

結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。

 

 

・Majesticのスコアが基準値をクリアしている
・MOZのスコアが基準値をクリアしている
・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている
・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

 

 

順に解説します。

 

 

Majesticのスコアが基準値をクリアしている

Majesticのスコアが重要です。具体的には下記をチェックします。

 

TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度
CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度

 

 

MOZのスコアが基準値をクリアしている

MOZのスコアが重要です。具体的には下記をチェックします。

 

 

DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標
PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標
SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す

 

Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている

Ahrefsのスコアが重要です。具体的には下記をチェックします。

 

UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー
DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量

 

 

アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

ウェイバックマシンを使って、ドメインの過去の経歴を洗い出します。当然、過去に悪さをしていたドメインの評価は上がりにくくなってしまいます。

 

 

3.中古ドメインを自分で取得しない方がいい理由

 

 

結論として、中古ドメインを自分で取得することはおすすめしません。というのは、効率が悪いからです。

 

 

良質な中古ドメインは、ざっくり1000本中1本あるかないか、といったイメージです。そして、見極めるには専用ツール、専門知識、経験が必要になります。

 

 

こういった手間と時間をかけるくらいなら、プロに任せた方が効率的です。

 

 

例えるなら、中古ドメインを自分で探すのは、家を買うときにタウンページで空き家を一軒一軒探すようなもの。非常に効率が悪いです。

 

 

餅は餅屋、中古ドメインは中古ドメイン業者にお任せください。そして、余ったリソースを本業に割いていただいた方が、効率的に稼げます。

 

 

4.中古ドメインはどこで買うのがおすすめか

 

結論として、下記がおすすめです。

 

 

・アクセス中古ドメイン
・中古ドメイン本舗
・中古ドメイン屋さん

 

 

それぞれ特徴があるので、解説します。

アクセス中古ドメイン

日本最強クラスの中古ドメインが揃っています。その代わり、価格は非常に強気です。中古車が買えるような値段のものもあります。

 

アクセス中古ドメイン

 

中古ドメイン本舗

当店、中古ドメイン本舗では、良質なドメインをお手頃価格でご提供しております。「少数精鋭」をモットーとしており、半端な性能のドメインを大量に仕入れることは致しません。

 

 

私自身、アフィリエイターをしております。そのため、1人のアフィリエイターとして、「自分が使いたいと判断したドメイン」のみを厳選しております。

 

中古ドメイン本舗

 

中古ドメイン販売屋さん

ドメインの販売数が日本トップクラスです。特に「ドメインの名前」にこだわりたい方にはおすすめです。一方で、数が多すぎて混乱されるかもしれません。

 

中古ドメイン販売屋さん

 

まとめ

 

 

今回は「中古ドメインの相場」について、具体的な数値をもとに解説しました。中古ドメインにご興味のある方は、下のリンクからどうぞ。

 

中古ドメインの在庫を見る

タイトルとURLをコピーしました